生活のしづらさなどに関する調査にご協力ください

ページID1005259  更新日 令和4年11月24日

印刷大きな文字で印刷

令和4年生活のしづらさなどに関する 調査(全国在宅障害児・者等実態調査)を実施します。

目的

障害者施策の推進に向けた検討の基礎資料とするため、全国の在宅の障害児・者等の生活実態とニーズを把握することを目的としています。
詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。
 

調査対象

全国5363国勢調査調査区のうち、厚生労働省が無作為に抽出した調査地区(豊山町では中稲地区)にお住まいの障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方、知的障害、発達障害、高次脳機能障害、難病と診断されたことがある方、 慢性疾患などの長引く病気やけが等により生活のしづらさが生じている方を対象としています。

調査の実施日

令和4年12月1日(木曜日)を調査日として実施します。
令和4年11月下旬に調査員が対象調査区内の世帯の郵便受けに「調査実施のお知らせ」のチラシを入れさせていただきます。

調査方法

  1. 令和4年12月1日(木曜日)から12月22日(木曜日)までの間に調査員が調査地区内の世帯を訪問し、調査の趣旨等を説明のうえ、調査対象者の有無を確認します。
  2. 調査対象者がいる場合は、調査票を手渡し、記入及び郵送による返送を依頼します。
  3. 調査票は、原則として調査対象者本人が記入します。なお、必要に応じて、適切な記入のための支援を実施します。

このページに関するお問い合わせ

生活福祉部福祉課福祉グループ
〒480-0292 愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字新栄260番地
電話:0568-28-0912
ファクス:0568-28-2870