医療行為により免疫を失った方に対する予防接種再接種補助

ページID1002776  更新日 令和2年4月3日

印刷大きな文字で印刷

骨髄移植手術などの医療行為により既に接種された定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、任意で予防接種の再接種を希望される方は、事前に申請することで予防接種の費用補助を受けることができます。

対象者

以下のすべての要件を満たす方を対象とします。

  • 骨髄移植手術などの医療行為により、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されていること
  • 予防接種実施日に豊山町に住民登録があること

対象予防接種

  • ヒブ(Hib)
  • 小児肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
  • 不活化ポリオ
  • 麻しん・風しん(MR)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 日本脳炎
  • 二種混合(ジフテリア・破傷風)
  • 子宮頸がん
  • BCG
     

予防接種の受け方

補助を利用して予防接種を受けられる方は、接種を受ける前に保健センターで予防接種の申請をする必要があります。下記の書類をそろえ、保健センターの窓口までお越しください。

申請に必要な書類や申請書は以下のPDFファイルでご確認ください。

  • 医療行為により免疫を失った者に係る予防接種再接種費補助対象者認定申請
  • 医療行為により免疫を失った者に係る予防接種再接種費補助対象者認定に関する理由書
  • 母子健康手帳又は定期予防接種の履歴が確認できる物の写し

申請後、本町から申請者あてに通知を発行いたします。通知を受取った後、医療機関で予防接種を受け、接種終了後1年以内に補助金の申請を行ってください。

 

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健センター
〒480-0292 愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字新栄260番地
電話:0568-28-3150
ファクス:0568-28-0061